スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リコーダーレッスン130702

2013.07.04

7月2日のリコーダーのレッスン覚書です。


ギースベルトさん

123番
2回目です。
息継ぎのことをまたしても指摘されてしまいました。つながりを切らさないブレスって難しいですね。
拍の感じを忘れずに
ちゃんと向かう感じを出す
二人が互い違いな感じを意識する←これも前回指摘されました
すごーくおまけで○もらえた感じでした(^o^;)

124番
すごーく盛り沢山な曲。3回くらいはかかりそうな予感…(汗)
付点のリズムの部分、あんまり軽やかにするとアダージョの感じがなくなる
大きく拍をとって演奏する
カデンツの部分、ヘミオラを意識する
音型の違いから各パーツの性格の違いを考えてどう吹くか考える
最後の段の頭から、上のパートがしっかり拍を取らないと下が吹けない
終わりの同時にある休符、どう扱うか←ヘミオラ

ということで次回に宿題です。


テレマン 6つのデュオソナタの第6番ト長調 第2楽章 4回目

前回のレッスンからどう練習したらいいのか迷っているうちにこの日を迎えてしまい、なんだか進歩ないかも…とちょっと気が重い感じで始めました。とにかく先生の音をよく聴いて「先生に合わせる!」って思いながら吹きました。先生はいっぱいメッセージを発信してくれているのですが、私にそれを受け取って返す能力が足りないので今一つ物足りなかったかなと思います。それでも前回よりは二人で演奏している感じがすごくしたのはよかったです。

前半のテーマを繰り返す部分、それぞれの性格を考えた演奏。アーティキュレーションと音色は?
同じ長調でもト長調とニ長調、ハ長調ではイメージも違うはず。短調も同様
テーマとテーマの間の部分、もっと会話する。どんな会話をしたいのか考える

またしても「考える」ばっかりです。。。

3楽章も見てくるように言われました。またしても音色が難しそうな感じです。
スポンサーサイト

theme : レッスン日記
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

じゃーこ

Author:じゃーこ
 日本刺繍とリコーダーにはまって精進中です。ご興味のあるカテゴリーを右サイドバー下方の「カテゴリ」から選んでください。日本刺繍、リコーダーなど特定の記事を目指してきてくださった方は見やすくなると思います。

 ブログの内容とは関係のないコメントが多いので、コメントは承認制にさせていただいています。ご迷惑をおかけしますが、どうかご了承ください。。。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。