スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リコーダーレッスン131125

2013.11.28

25日のリコーダーレッスンの覚書です。

ギースベルトかシュテープスか迷っていたのですが、、、結局ギースベルトを見ていただきました。。。シュテープスはまだ見ていただくほど吹けないし、、、と思ったからです。

でも、、、131番は長いしちょっと難しいので何回かかかると思うのですが、これが終わったらシュテープスを見ていただこうと思います。結局、、、先延ばししても完璧に吹けるようになることはないわけで、それならささっと見ていただいて「ここがダメ」「こうするとよい」と言っていただいた方が早道となるかなと。何より、この日のレッスンの途中で「完璧になって次の曲に移れることはない。その曲でクリアできない課題があっても、それは他の曲でクリアしていけるから」と先生がおっしゃったからです。先生に細かく見ていただいている曲さえも満足に仕上がらないのに、一人で練習していたって向上しそうにないですものね。。。

なんだかここのところずっとちょっと挫折気味…。なかなか上手にならないんだもの。思ったように吹けないし…。切り替えが必要だー。



ギースベルトさん

131番
変奏曲です。変奏曲で一番大切なことは?
1、一つ一つの変奏の個性を出す
2、テーマを忘れない
各変奏をどう考えてどう吹くのかー?→自分で考える
三連符の部分、リズム練習が必要



ルイエ リコーダーソナタ1-2 ニ短調 第1楽章 3回目

トリルを付けて練習して行ったのですが、不発…(>_<)
次回がんばろうー

「だいぶ通奏低音とのバランスが良くなってきた」と褒めていただけました!わーい(^o^)/
最後のカデンツはややあっさり目に。続くコーダをしっかり。特に最後の音はバスをよーく聴いて入る


第2楽章 2回目

16分音符が続くところ、平坦にならないようにと前回言われたのですが、どうにもうまくいかず、どうしたらいいのか先生に伺いました。フレーズをどこで切るのか考えて各フレーズ毎に抑揚をつけて練習。さらに全体をつなげて練習…。こんな感じでしょうか。言うは易し、行うは難しですよ~(@o@)

今回指摘されたこと

この楽章はフーガなので、リコーダーと通奏低音それぞれでテーマを演奏している部分を確認する
通奏低音がテーマを演奏している時、リコーダーはどう吹くべきか?
チェロの音色をイメージしてみるとよいかも
途中の転調している部分、音色をどう変えていくのか?


大変です…。

さらに「第3楽章もちょっとずつさらうように」とのことでした…。
大変です…。

スポンサーサイト

theme : レッスン日記
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

じゃーこ

Author:じゃーこ
 日本刺繍とリコーダーにはまって精進中です。ご興味のあるカテゴリーを右サイドバー下方の「カテゴリ」から選んでください。日本刺繍、リコーダーなど特定の記事を目指してきてくださった方は見やすくなると思います。

 ブログの内容とは関係のないコメントが多いので、コメントは承認制にさせていただいています。ご迷惑をおかけしますが、どうかご了承ください。。。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。