スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リコーダーレッスン141220~150818 その1

2015.08.20

リコーダーのレッスン記録もずいぶんと滞ってしまいました(>_<)

本当にっ!ゆーっくりとですが進んでおります…


ギースベルトの教本から振り返ってみます

1-10
スタカートは軽やかに
音の上下に囚われると苦しくなる、前に進むことを忘れない
5~8小節目も低いソの音が響いているようなイメージで吹く
苦手な指の動きはちゃんと意識して動かさないと中途半端な音が混ざる

1-11
メロディを軽やかに
4つ登っているところ、「どっこいしょ」ってしない(^o^;)

1-12
音の上下より横に進んでいくことを意識する
アーティキュレーションに工夫が必要

1-13
イメージを具体的に持つ
例えば、、、4つのフレーズを春夏秋冬のイメージで吹いてみるとか

1-14
支え指の確認
進むところ、しっかり

1-15
分散和音の変形
スラーの後ろのアーティキュレーションが単調にならないように
支え指の確認
転調をしっかり意識する

1-16
さわやかに駆け抜ける風のようなイメージで、流れをじゃましないアーティキュレーションを考える
子どもっぽくならないように(>_<)

1-17
スラーの重さを全て同じにしてはいけない
→スラーの前側の音の長さを変える
転調をしっかり意識する

1-18
苦手な指の動きをしっかり意識して
おもしろがらせているような、メランコリックな曲調を出す

1-19
リズム練習&足付き練習をすること
音色に注意を払うこと
ブレスの位置を検討

1-20
リズムを冷静に刻むこと
上下に分けて練習する
音色に注意~

1-21
二声のあり方を考える

1-22
ちゃんと登って行くこと
アーティキュレーションに一工夫必要

1-23
高いファ→タンギングを丁寧に、まとまった強すぎない息、安定したサミング
支え指の確認、切り替えは慎重に
アーティキュレーションのアイデアの一つとして、半音に注目してみる
始めのところ、行き着いたところ、を丁寧に
ドミナントで終わっていることに注意

1-24
フレーズを大きくとる
半音が連続するところを大切に吹いてみる
終わりの部分、3拍目の頭で終わっていることを確認


わー、いっぱいたまっていました(>_<)
とはいうものの、77番までの道のりは長いですね…

曲の方はまた別で振り返ろうと思います
スポンサーサイト

theme : レッスン日記
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

じゃーこ

Author:じゃーこ
 日本刺繍とリコーダーにはまって精進中です。ご興味のあるカテゴリーを右サイドバー下方の「カテゴリ」から選んでください。日本刺繍、リコーダーなど特定の記事を目指してきてくださった方は見やすくなると思います。

 ブログの内容とは関係のないコメントが多いので、コメントは承認制にさせていただいています。ご迷惑をおかけしますが、どうかご了承ください。。。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。