スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リコーダーレッスン160227

2016.03.06

2週間ぶりのリコーダーレッスンの覚書です


ギースベルト

1-33 2回目
前回、旋律になる部分としてヒントをいただいていたので、自分なりに旋律をここと決め、旋律の部分とそれ以外の部分のアーティキュレーションをそれぞれ考えて練習していきました
なんと!初めて「とてもよかったです。言うことありません」と言っていただけました!
6年以上レッスンを受けていて初めてのことです
すごくうれしいです☆

1-34
和音を考えてアーティキュレーションに変化をつけること
2、3小節目が変化をつけられそう?
次回に宿題です



Telemann, G. P. リコーダーと通奏低音のためのソナタ ハ長調(忠実な音楽の師より) 第4楽章 2回目

前回、「大切な音と装飾の音を区別する、通奏低音がヒントとなる」と言われていたのですが、今回も同じことを言われてしまいました…。今回は先生をこの作業をレッスンの中でして、2人で分担して吹いてみるということをしました
先生が一緒に見てくださると、曲の様子がわたしでもなんとなく見えてきます
後半部分はなんとか自分で考えていきたいです

それから練習の一つとして、リズムを正確に声に出して音符を読んでいくことを言われました
音の高さも正確に歌えればなおいいのでしょうけど、それはとっても大変&難しいのでそこは気にしなくていいそうです

トリルが連続する部分は、、、
楽器を右手で支えること
「わ~っとトリル」ってならないようにまずはパーカッションのようにリズムを正確に練習することが大切
と地味な基礎練の予感です…
スポンサーサイト

theme : レッスン日記
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

じゃーこ

Author:じゃーこ
 日本刺繍とリコーダーにはまって精進中です。ご興味のあるカテゴリーを右サイドバー下方の「カテゴリ」から選んでください。日本刺繍、リコーダーなど特定の記事を目指してきてくださった方は見やすくなると思います。

 ブログの内容とは関係のないコメントが多いので、コメントは承認制にさせていただいています。ご迷惑をおかけしますが、どうかご了承ください。。。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。