スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リコーダーレッスン160520

2016.05.24

20日に行ったリコーダーレッスンの覚書です

ギースベルト

1-36 3回目…
5小節目の終わりが他の部分と異なることに注意、ちゃんと違うように演奏する
やっと○もらえました

1-37
支え指をきちんと確認すること
2小節目の終わりから4小節目の始め、6小節目から終わりまでは4の指を使うとよい
曲想も考えること
次回に宿題です。。。



Telemann, G. P. トリオソナタ ハ長調(忠実な音楽の師より) Twv:42C1 第1楽章 2回目

Graveが重々しすぎる。これではバスが演奏できない
リコーダー2本がユニゾンになる部分の音程に注意
ヘ長調に転調した箇所、音色に注意
19小節目からと26小節目からの16分音符は一つ一つ圧さない。メリハリ


第2楽章 1回目

Andanteが重すぎる。まるでゴルゴダの丘を登っているよう…(^_^;)
もっと前へ前へ進むこと
soliとtuttiの違いを考える
11小節目の3連符はスラーが抜けている



でした
本番まで時間がないので、どう吹くのかレッスン時には自分なりに考えていくようにしなければなりません
譜読みってみなさまはどうなさっているんでしょう。。。
私の手順は、

速度標語や音楽用語を調べる
調を確認
テーマの確認、特にフーガっぽいとき
転調を確認
半音の動きを確認
不協和音を確認
ユニゾンを確認
カデンツを確認
和音の種類を確認

をして、これらをもとにアーティキュレーションを考えていく。。。という方法に今のところ落ち着いています
でも時間はかかるし、転調や和音の種類がよくわからないことも多いし、先生には駄目だしされてばかりだし、、、悩みは尽きないです(>_<)

スポンサーサイト

theme : レッスン日記
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

じゃーこ

Author:じゃーこ
 日本刺繍とリコーダーにはまって精進中です。ご興味のあるカテゴリーを右サイドバー下方の「カテゴリ」から選んでください。日本刺繍、リコーダーなど特定の記事を目指してきてくださった方は見やすくなると思います。

 ブログの内容とは関係のないコメントが多いので、コメントは承認制にさせていただいています。ご迷惑をおかけしますが、どうかご了承ください。。。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。