リコーダーレッスン 161103

2016.11.07

発表会にむけて、通奏低音の方とのリハーサルに行ってきました

初めてのトリオソナタ、全部の音がちゃんと鳴るのもこのリハが初めてです。とても緊張したけどなんとか練習でやってきたことはできたかなと思います。でも自分の音がよく聴こえなくて先生のリコーダーとガンバ、チェンバロの音ばかり聴こえるので、どんなふうになっているんだろう、すごくバランス悪く聴こえているんじゃないかと心配になってしまいました。先生とガンバさんは「大丈夫、ちゃんと聴こえていますよ。もっと空間全体の音を聴くようにして」とおっしゃってくださり、ちょっと一安心。立ち位置が客席から見て左からガンバ、私、先生、奥にチェンバロ、となっていて、さらに私が先生よりも一歩くらい奥に引っ込むことでチェンバロに近づいたので、さらに自分の音が聞こえづらかったみたいです

入りの合図がわかりにくいって言われてしまったので気を付けないと。。。自分勝手ではだめですね。。。

自分の番以外はガンバの方の手元や姿勢や腕の角度ばかり気になって、そちらばかり見てしまいました。本当にリラックスした演奏なので、ガッチガチに力の入った私と何が違うんだろうと見入っていました。私も早くあんな風に優雅に弾けるようになりたいです

自分のリハはさておき、この日一番の衝撃は某学生さんの演奏でした。音大生ではありません。でもすごくすごく上手で衝撃でした。それまでガンバばかり見ていたのですが、この子の初めの一音を聴いて衝撃波を受け、その後はその子に目が釘付けになってしまいガンバは全く目に入らなくなりました。すごい才能だなって思いました。これから真剣に頑張ったらいつか先生より上手になるかもしれないって思うほどでした。私と何が違うんだろう???って考えながら聴きました。タンギングも指の回りも全く違いますが、何より息のコントロール力がすごい。私もあそこまでとはいわないからもうちょっとコントロールできるようになりたいなあ

ちょっと前のレッスンで、「だいぶリコーダーらしい音が出せるようになってきましたね」と先生に言われ、8年目にしてようやくその位置かと、行く道のりの遠さと険しさに愕然としたところでした。先生は褒めてくださったんだなとは思うのですが、少なからず動揺してしまいました。だからこの学生さんの素晴らしい才能に羨望を感じずにはいられません。。。才能を伸ばすための努力を惜しまないという資質もお持ちのようです。今後も楽しみです☆
スポンサーサイト

theme : レッスン日記
genre : 音楽

comment

Secret

プロフィール

じゃーこ

Author:じゃーこ
 日本刺繍とリコーダーにはまって精進中です。ご興味のあるカテゴリーを右サイドバー下方の「カテゴリ」から選んでください。日本刺繍、リコーダーなど特定の記事を目指してきてくださった方は見やすくなると思います。

 ブログの内容とは関係のないコメントが多いので、コメントは承認制にさせていただいています。ご迷惑をおかけしますが、どうかご了承ください。。。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR